店舗の看板の種類

HOME » 看板デザインの制作依頼について » 店舗の看板の種類

店舗の看板の種類

・パラペット看板とは
店舗の看板にはいろいろな種類があって用途に応じて選ぶことができます。
できるだけたくさんの人に看板を見てもらうなら、看板のチョイスも大切になりますので、そのあたりを意識してスタートしてみましょう。

ここでまず紹介するひとつめの看板はパラペット看板というもので、パラペットとは建築では屋上の胸壁のことを指しており、お店の入り口からみて上のほうに飾る看板のことを言います。
パラペット看板を作成するときにはお店全体をアピールするためにあえて装飾性を兼ねて入り口全体を囲うように設置することもあるそうです。

パラペット看板を発注するときにはその用途がうまく伝わっていないといけませんので、店名や屋号、会社名を掲示したり、あるいは、金物屋、靴屋、パン屋といった業種を示すことがほとんどになります。
というよりもお店の上部に設置するわけですから、より多くの人が注目しますので、その点を明確にしておかなければ意味がありません。
お店の顔となりますからデザインや装飾性、店舗なら全体の雰囲気を良くすることを考えてください。
そしていずれもある程度の工事は必要になることも理解しておきましょう。

・ファサード看板とは
パラペット看板がお店の上部に飾る看板なら、入り口付近に設置する看板のことをファサード看板と良い、これは遠距離の人にアピールするための看板ではなく、近くを通りかかった人、あるいはお店に入ろうか検討している人向けの看板です。
また壁面看板というものもあって、これは遠くからでもあるいは建物の側面からでも視認できるよう設置する看板のことをさしています。

壁面看板はパラペット看板ほど遠距離をターゲットにしているわけではありませんが、ある程度距離がある人にも見てもらわなければいけませんので目立つように設置するのがポイントになります。
壁面に直接設置する場合がほとんどですから平板を使い比較的軽い材料で作られることが多く、また、夜間に照明が当たるように工夫したりもします。
また壁面に設置しますのでできるだけ広いスペースが必要になりますし、大きいサイズの看板になりますからただお店の名前を入れるだけでなくイメージ広告として使用する場合もあります。
パラペット看板で遠くから会社名をアピールしてファサード看板で近くの人にアピールし、壁面看板で全体的なアピールをするという形にするとスムーズな看板のデザインができるはずです。