看板をデザインするコツ

HOME » 看板デザインの制作依頼について » 看板をデザインするコツ

看板をデザインするコツ

・効果的な宣伝ができる看板とは
街中を歩いているといつも盛況な店舗を見かけることがありますが、そこの店舗は内容自体が魅力的なのはあるのでしょうが、それ以外にも人を惹きつける魅力があるのでしょう。
店舗に足を踏み入れる前に必ず看板を目にすると思いますが、看板を参考にして入店する人も意外と多いのではないでしょうか?
特に飲食店の場合はどんなものが食べらるのかあらかじめ分かっていれば入店しやすいですし、店舗前の看板に値段付きでメニューが記載されていれば予算に合わせて食事ができるので入りやすいと思います。

それでは効果的な宣伝ができる看板とはどんな看板なのでしょうか?
これはまず視認距離、時間を考慮してのデザインをすることで、文字のフォントや大きさに注意する必要があります。
文字のフォントは基本的に分かりやすいものが良いので筆記体など遠くからだといまいち認識しづらい文字にしてしまうのはあまりおすすめできません。
ただ筆記体の店名がすでに認知度があって、ロゴのような役割を持っている場合はそれでもいいでしょう。

・何の看板か分かりやすくしておく
そしてお客さんが看板を見たときに分かりやすくしておくのもコツで、これは飲食店であればその旨を記載するのはもちろん、どんな種類の飲食店かまで書いておいたほうがおすすめです。
洋食の店舗であれば洋食・グリルといった記載をすれば伝わりやすいですし、寿司、ラーメンなどストレートに置いてあるものを記載してしまうのもおすすめです。
特に車の多い大きな道路沿いに店舗がある場合はそういった看板を目印にお店探しをしている人もいますし、近くに目的のお店があるか探しているひともいるでしょう。
つまり何の看板か分かりやすくするのはそのまま集客につながるので必ずやっておかなければなりません。

・看板を見ている側は止まっているわけではない
さらに看板をデザインするときに意識してほしいのが「看板を見ている側は止まっているわけではない」という点です。
これは大きな道路沿いもそうですし、街中で歩いているときも同じなので覚えておきましょう。
動いている人から目を引くためにはほんの数秒でインパクトを残さなければなりませんので、それこそできるだけシンプルに、そしてオリジナリティも付け加えるというほうがおすすめです。
このように看板をデザインするときのコツは何の看板かを分かりやすくしておき、看板を見る側の立場になって考えるということです。